パターン分析(反転?継続?)エントリー決めに

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る

上昇トレンド下降トレンドでエントリーポイントの参考にされやすい反転の目安とは?

自身の合理的な判断をして、これらの目安でエントリーしたはずが、エントリーと同時に全く赤の他人の売り買いで資産が増減するもの

不確実な群衆の中に身を置くことで、不安を抱き、冷や汗をかくという精神状態に陥らないよう、事前リスク・リワードを設定しておきましょう。

反転の典型の3パターンと形状は?

和名では解釈が分かれてるものもあるのでスッキリ英名では?

  1. ( )
  2. ( )
  3. ( )

詳細

  1. ダブル・ボトム(上昇トレンドからの反転)
    底値圏で出現することで相場の底となることが多い二つの谷(安値)。間に一つの山(高値)。
  2. ダブル・トップ(下降トレンドからの反転)
    ダブルボトムの上下逆の形状
  3. ヘッド・アンド・ショルダー
    ダブルの間に谷、又は山がある形状

    • 三尊天井(上昇トレンドからの反転)
    • 三尊底(下降トレンドからの反転)

詳細を隠す

継続の典型の3パターンと形状は?

  1. ( )
  2. ( )
  3. ( )

詳細

  1. トライアングル(= 三角保ち合い)
  2. フラッグ(上昇トレンドからの反転)
  3. ペナント(下降トレンドからの反転)

詳細を隠す

知ってると有利に活用できます

シェアする

フォローする

知ってると有利に活用できます