下降トレンドの初動

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
LINEで送る

下降トレンドも、後半程リスクは高い。であれば初動(第1段階)に乗ってきたい!

見えざる手、目を凝らしたら、見えてくる?!

トレンド転換の初動

チャートに出現する群衆行動の反復パターンを読み取り、それが崩れる時、いわゆる「ブレイク」から初動を見い出します。

上昇トレンドから

何度も下降を下値支持線にサポートされた後、ついに株価が突き抜けることをブレイクといいます。

ブレイクで市場に「驚き」が起こり、群集心理としてトレンドが下降に反転する可能性が高まります。

ボックス(レンジ)から

何度も上値抵抗線、下値支持線に跳ね返された後、株価がラインを突き抜けることをブレイクといいます。

レンジには水平や上下への傾きを伴ったものや、ラインの間隔が均一でないものがあります。

迷いのランダムウォーク?

群集心理に感情的な横やりが入ることでノイズ(だまし)としてのランダムな動きが発生することがあります。

エッジを利かせた観察によって、反復される群衆行動の中からノイズを識別することも可能でしょう。

 

知ってると有利に活用できます

シェアする

フォローする

知ってると有利に活用できます