ラルフ・ビンスの実験(ギャンブラーの誤謬)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る

システムが、偏見&欲で、無視される…(*’▽’)

実験内容

  1. 対象者 博士号を持つ40人
    ★資金管理が与える影響の知識はない
  2. 勝つ確率 60%(コンピューターゲーム)
  3. 手持資金 1,000ドル
  4. 勝負回数 100回(毎回の賭け金は自由)

最終的に元の1,000ドルより増えたのは40人中( )人。

詳細

(つまり勝者は5%のみ)

詳細を隠す

プロのギャンブラー

「勝ち」の何たるかを知っている

  • 勝ち続きの時にたくさん賭ける
  • 負けが込んでいるときに少なめに賭ける

普通の人

相場が4日連続上昇すると次は下げると予想する偏見など

  • 負け続けの時にたくさん賭ける
  • 勝つと賭け金を減らす

例えば:

  • ランダムに起きたに過ぎないトレンドいつかは変わるものと信じる
    (上げが下げの根拠になっているとは限らない)
  • 3回続けて100ドル負けたら次は勝てるはず(勝率60%)と、300ドルの負けを取り戻すために400ドルを賭けるといったプロギャンブラーと逆の行動

パターン(例)

毎回10ドルずつ賭けることで確率を味方につけるギャンブラーと、最大の結果を出したいがゆえに、資金量に対して1回に100ドルと大きめに賭ける欲望からの行動との比較。

知ってると有利に活用できます

シェアする

フォローする

知ってると有利に活用できます