仮定や指標を絞る

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
LINEで送る

%e5%89%83%e5%88%80保険の選択や乗換、投資やトレードでの売買。

多くの同様な指標で吟味しすぎると…何も決められなくなり時間を浪費したり、チャンスを失ったり、利益を薄くしたり、損が膨らんだり

そこで!

オッカムの剃刀(カミソリ)

14世紀の哲学者・神学者オッカムの指針

ある事柄を説明するためには、必要以上に多くを仮定するべきでない

原文

詳細

  • 必要が無いなら多くのものを定立してはならない。
  • 少数の論理でよい場合は多数の論理を定立してはならない。

    詳細を隠す


「剃刀」
は、不要なものを切り落とすことで、次のようにも表現される。

  • 思考節約の原理(法則)
  • 思考経済の法則
  • ケチの原理

同様な言葉

  • アイザック・ニュートン

    詳細

    自然物に関しては、事実で かつ充分な原因だけを認めるべきだ。同じ自然的影響については、できるかぎり、同じ原因を用いて説明すべきなのだ。

    詳細を隠す

  • バートランド・ラッセル

    詳細


    可能ならいつでも、知られていないエンティティを推定するかわりに、知られているエンティティでの構成を用いるべし。
    エンティティ = (entity)実在、存在、実在物、実体、本体

    詳細を隠す

  • カール・セーガン

    詳細

    同様のデータを説明する仮説が二つある場合、より単純な方の仮説を選択せよ。

    詳細を隠す

運用での注意点

  • 説明に不必要であることは、存在の否定ではない
  • 真偽の判定則ではない。既存の理論や仮説等に…
    • 新たに追加するものが「正しい」とは限らない。
    • 不必要として切り捨てらたものが「誤り」とは限らない。
  • 説明に必要であるかは自明ではなく慎重に検討、判断しなければならない。
    • 不要に見える仮説が、見落とした事柄により必要とされることがある。
    • 過剰に適用して必要な仮説まで切り落としすべきではない。
知ってると有利に活用できます

シェアする

フォローする

知ってると有利に活用できます