目標は高く – すっぱい葡萄(狐と葡萄)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る

イソップ寓話の…

「すっぱい葡萄(狐と葡萄)」を意識し、「願望」を見つめてみると手が届きそうな「目標」に思えることもあります。

このお話の狐同様、正しい努力をせず目標を諦めてしまうことはモッタイナイ…

折角「願い」「望み」が心に芽生えたのなら諦める前にこの症候群に気をつけましょう!

元々のお話は…

喉の乾いたキツネが、おいしそうなぶどうを高い木の上に見つける。

欲しくて何度跳んでも届かず怒りと悔しさが沸き上がる。

狐は「どうせ酸っぱくまずいハズ。あんなの欲しくない。」と言って立ち去る(あきらめる)。

目標をあきらめる人は…

この狐の様な行動をとりがちです。

人・物・地位・階級などのせいで(せいにして)、「手が届かない」と判断したものを「自分にとっては価値がない、ふさわしくない」として「心の平安」を得る傾向がある。

フロイトの心理学では次の様に表現される。

  • 防衛機制
  • 合理化

また、英語の「Sour Grapes」には「負け惜しみ」という意味がある。

認知的不協和 – 社会心理学

この様な心理の状態を「認知的不協和」といい、自身の中で矛盾する認知を同時に抱えた場合、そのときに覚える不快感を解消するために、自身の態度や行動を変更する




シェアする

フォローする