シェアする

NISA口座開設スケジュール(新NISA) – (例)SBI証券

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る

NISA口座についてよく聞かれるので、まずは開設手順の例をご案内します。

1)証券口座を開設

SBI証券を例に案内します(https://www.sbisec.co.jp/)。

※SBI証券自体の口座開設については省略します。

↓↓↓開設後ログインして↓↓↓

2)NISA申し込みページを開く

↓↓↓

3)入力フォームに従って申し込み

申込方法)WEBアップロードの他、郵送でも可能

必要書類)マイナンバーカードか、マイナンバーカードと本人確認書類

4)開設までのスケジュール(例)

1月8日(月) 申し込み
1月8日(月) 受付メールが届く
1月12日(金) 仮開設完了メールが届く➡翌日から取引可能
1月19日(金) 口座開設完了メールが届く

1月8日(月)に申し込みの場合の受付メール

1月12日(金)に仮開設完了メール

この翌日から取引可能

1月19日(金)に口座開設完了メール

NISA口座の良し悪し

投資は自己責任ですので、頑張って勉強して活用してみてください。

例)注意することのひとつに、NISA口座で損失が生じた場合、他の口座と損益通算や繰越控除できないことから、保有期間が長くても保有限度額の上限が足かせになることがあります。

この意味が分からない人は、そもそもNISAでの投資は時期尚早かもしれません。つまり、NISAでの投資は、ある意味、通常の課税される投資よりやや難しいと言えます。

NISAがお得だからと金融取引を始めるというより、お得そうなNISAを動機として金融投資の勉強を始めることが、実際に投資することより先でしょう。

お問い合わせ

ダイビングを楽しみながら投資を教えてもらえる
↓↓↓

ダイビングスクールココモ 姫路 – 地域最大。店内プール・無料駐車場完備。 – 地域No1規模・店内温水プール完備・最高ランク・ダイバー認定数地域No1&最多企画数

フォーム







フォローする