トレード手順

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
LINEで送る

セットアップ

市場広い範囲を俯瞰することから、具体的で細かな内容、枠組みを決定していく。

  • 日経平均株価等で相場全体の動きを把握する。
    • 多くの株価は( )の影響を受けやすい

      詳細

      日経平均株価(他に、為替やダウ平均なども)

      詳細を隠す

  • トレード対象を絞り込む(例)
    • 流動性が高い(出来高が多い)銘柄は( )を参考にしやすい

      詳細

      テクニカル分析などの手法

      詳細を隠す

    • 新興市場銘柄など流動性が低い小型銘柄

      詳細

      値動きが大きく小さな資金で大きな利益をもたらす効かせるき可能性はあるがテクニカル分析などの指標の有効性に疑問がある

      詳細を隠す

  • 銘柄を詳細にチェック
    大きく上げて、又は大きく下げて反転始めたなど、何らかの変化が認められる銘柄で、効くエッジを詳しくチェックする。

    • トレンド
      • ( )などで大きな値動きの傾向を確認する。

        詳細

        ひとつ上の時間軸チャート、移動平均線

        詳細を隠す

    • トレード手法
      • 詳細

        ・押し目買い
        ・ラインブレイク
        ・戻り売り

        詳細を隠す

        …など

    • エントリーポイント
    • 目標設定
      • 期待されるリターン(収益)
    • ロスカット
      • 見方に反した値動きへの許容範囲の決定
      • 資金管理として〇%とのルールを確認

エントリー

セットアップ内容を粛々と実行する。

クローズ(手仕舞い)

セットアップ内容を粛々と実行することで、損小利大を実現する。

  • 利益を伸ばして損失は小さく
  • 利食いは遅く、損切りは早めに
  • 利大損小
知ってると有利に活用できます

シェアする

フォローする

知ってると有利に活用できます